セルフ・キャリアドックの定義

セルフ・キャリアドックとは、キャリアコ ンサルティングとキャリア研修(キャリア研修の実施/キャリアコンサルティングの実施) などを組み合わせて行う、従業員のキャリア 形成を促進・支援することを目的とした総合的な取組みのことです。

セルフ・キャリアドックの必要性

IT化の進展や国際競争の激化などにより、企業はビジネスモデルや事業内容の大胆な変化を迫られています。そのため、従業員一人一人が社会や組織の変化を先取りする形で変革に対応し、持てる力を最大限に発揮していくために、自ら主体的にキャリアを考え構築していく必要があります。

導入で期待される効果

セルフ・キャリアドックの導入により、次 の①②の効果が期待されます。
①各従業員が、キャリアの目標を明確化し、 仕事の目的意識を高め、計画的な能力開発に取り組むことにより、仕事を通じた継続的な成長を促し、働くことの満足度の向上につながります。
②企業の立場としても、人材の定着や従 業員の意識向上が、組織の活性化につながり、生産性の向上への寄与等の効果が期待されます。
また、労働者の属性ごとに次のような効果も期待されます。

(1)新卒採用者の定着率向上
(2)育児・介護休業者の職場復帰率向上
(3)高年齢層社員の活性化

 

セルフ・キャリアドック制度の実施イメージ

 

テキスト:厚生労働省 資料
PDF:
セルフ・キャリアドック導入支援事業 「セルフ・キャリアドック」導入の方針と展開
厚生労働省 人材開発統括官付参事官(若年者・キャリア形成支援担当)付 キャリア形成支援室

 


TOP
TOP